相談する相手選び


売掛金回収について相談したいけれど、弁護士や司法書士、行政書士等、どこに相談すれば良いのか分からないという方もおられます。基本的に、司法書士は「司法書士試験」に合格し、登記や供託等の手続きが主要な業務となっています。行政書士とは、「行政書士試験」に合格し、官公署に提出する書類、その他、権利義務や事実証明についての書類作成を主な業務としています。弁護士とは、「司法試験」に合格している為、法律業務であれば全般を行うことができ、上述した業務も全て行うことができます。

司法書士や行政書士の場合は、内容証明郵便の作成等を依頼することができますが、その送付した相手との交渉を代理人としてすることはできません。また、法的な手段をとる場合や、複雑な案件になってくると、やはり弁護士に頼ることになる為、総合的に判断すると、最初から法律のプロである弁護士に依頼することが最も効率的な手段であると言えます。内容証明郵便とは、いつ、誰が、誰宛てに、どんな内容で、相手がいつ受け取ったかということを全て公的に証明する郵便になります。その書類作成について、やはり弁護士の名前で出すことで、相手に大きなプレッシャーを与えるという面においてもメリットがあります。